TOPICS

ALL TOPICS

2020.11.20

#RESULTS

ノジマTリーグ2020-2021シーズン 11/19日結果

  • 𠮷田を破り、チームの勝利に貢献した木造(琉球)

  • 切れのある動きで隙のないプレーを見せた早田(日本生命)

  • 張本を相手に「やりづらさは多少あった」としながらも、チームの期待に応えた森(日本生命)

  • 開幕戦から3連勝と絶好調の戦いぶりを見せた木村(KA神奈川)

  • 森に対し思い切りのいいプレーを見せた張本(KA神奈川)

  • シャンのミスの少ない守備と永尾の爆発力のある攻撃がかみ合っていた

  • 昨シーズン前期MVPのサウェータブット(ニッペ)。「エキサイティングな試合だった」と振り返った

  • 小塩のカットを中盤でラケットを反転して攻略したリン(トップ)。試合後には安堵の表情を見せた

  • シャンとの異質対決に惜敗した出澤(トップ)だが、ラリー戦に強さを見せた

  • 約1年半ぶりに復帰した井林(トップ右/旧姓:松澤)「1球目から鈴木さんと話し合い、楽しもうと臨んだ」

琉球アスティーダ 3-1 岡山リベッツ  

10:00~

審判:大前 ケイ子 杉本 豊久 三浦 弘子

 

×1吉村和弘/宇田幸矢 1(-7,7,-9)2 上田仁/森薗政崇

○2木造勇人 3(9,-9,10,6)1 𠮷田雅己

○3吉村真晴 3(4,7,7)0 田中佑汰

○4宇田幸矢 3(6,10,5)0 上田仁

 

今季2勝目を挙げた琉球アスティーダ

写真提供:Tリーグ


 

日本生命レッドエルフ 3-1 木下アビエル神奈川  

14:30~

審判:大前 ケイ子 杉本 豊久 三浦 弘子

 

○1前田美優/赤江夏星 2(9,2)0 長﨑美柚/木村香純

○2早田ひな 3(7,6,4)0 木原美悠

○3森さくら 3(5,10,6)0 張本美和

×4ユ・モンユ 1(-7,9,-7,-9)3 木村香純

 

村上恭和監督(日本生命レッドエルフ)

「(一昨日の)開幕戦後にすぐ体育館でミーティングをしました。前シーズンも出だしから(KA神奈川)とは、2勝2敗スタートだったので、そう思えば開幕戦の敗戦は気にすることないと。

早田が絶好調の木原に勝てたことで、(敗戦から)立ち直れたと思う」

 

早田ひな(日本生命レッドエルフ)

「開幕戦は私の実力が出せず出来栄えとしては0点。今日も練習の時点ではコンディションはあまりよくなかったが、試合に入ったらやるしかないと思って臨んだ。

自信を持ってやれば、ペースを握ることができるし、一度負けているからこそ自信をもってやろうと思った。今日の出来栄えは60点くらい。いい試合ができた。

開幕戦の時とは別の用具に変えたことで練習メニューを変えた。

(第2ゲーム)6-2で負けていたのは記憶になくて、一本一本集中していた。終始サービスが効いていたので、サービスで2本取ってから、レシーブでも思い切ってチキータで勝負したり、表で打たれたボールをしのいで点数をとったりなど我慢強さがよかった」

 


 

日本ペイントマレッツ 3-1 トップおとめピンポンズ名古屋  

19:00~

審判:大前 ケイ子 杉本 豊久 三浦 弘子

 

○1永尾尭子/シャン・シャオナ 2(5,-6,10)1 井林茉里奈/鈴木李茄

×2小塩遥菜 1(-8,7,-4,-8)3 リン・イエ

○3シャン・シャオナ 3(10,-4,6,8)1 出澤杏佳

○4サウェータブット 3(9,6,7)0 山本笙子

 

初勝利を飾った日本ペイントマレッツ

 

 

三原孝博監督(日本ペイントマレッツ)

「ダブルスが接戦をものにしたのがよかった。シングルスは、リンと出澤が出てくることを想定していて、サウェータブットがリンに勝ったことがなかったため、上手くオーダーを組めたと思う。

昨日と違ったのがシャンがいろんな人に声をかけてまとめてくれたこと。昨日負けた時に『私が負けたからチームが負けた』と言ったので、『ファンのためにも楽しむことが大事だ』と声をかけた。外国人選手は隔離を経て参戦してくれているので感謝したい」

 

シャン・シャオナ(日本ペイントマレッツ)

「(出澤は)ジャパンオープンで負けていて、レベルも同じくらい。Tリーグはレベルが高いので頑張りたい。対戦相手から学んで、一試合一試合頑張ってチームに貢献したい。(永尾とのダブルスは)オリンピックで組んだパートナーも左利きだったので慣れている。自分よりも高いパフォーマンスを発揮してくれた」

 

 


女子のプレーを支えるボール「プラ3スタープレミアム」と躍動感あふれるウェアにも注目!

ニッタクはTリーグ女子使用球と女子オフィシャルサプライヤーです。