メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

夢に向かった“散歩道”近藤欽司(前日本女子代表監督)

私はなぜ日本代表監督になったのか--

私はなぜ日本代表監督になったのか--

私はこれまで、10回の世界選手権と2度のオリンピックの監督を務めてきた。
その間、何とかそれなりの成績を収められたのは、まず代表選手たちの頑張りと、その母体チームの協力、それとスタッフの英知、そして声援を送って下さった皆さんのお陰だった。

1989年にドイツのドルトムントで開かれた世界選手権で、野平孝雄総監督のもと、私はコーチとして初めて国際大会のスタッフに入った。
当時、教え子の佐藤利香が前年に日本チャンピオンになり、また内山京子、松本雪乃も活躍していた。
高校の監督をしていた私としては、教え子がインターハイで好成績を収めることもひとつの夢だったが、それ以上に、国際大会で活躍することはもっと大きな夢であった。

卓球選手はみんな夢があるはず。
その実現に一歩一歩近づくように、そんな意味も込めてこの連載のタイトルを「夢に向かった“散歩道”」とした。

当時47歳だった私は、世界の迫力あるプレーを目の当たりにして、それに圧倒され惹き込まれた。
そのときは、これから度々チャンスがあるとは思ってはいなかったが、図らずも1993年のイエテボリ大会で初めて監督の重責を担うことになったのだ。

メダル獲得に向けた秘策を準備

そして2000年までに、イエテボリ(1993年)、天津(1995年)、マンチェスター(1997年)、個人戦のアイントホーヘン(1999年)、団体戦のクアラルンプール(2000年)と、5回の監督を務めてきた。
4回の団体戦は、いずれもベスト8。あと一歩の壁がどうしても破れなかった。

2000年のクアラルンプール大会開催時には、2001年の大阪での世界大会開催が決まっており、
「地元開催でもあり、何とかしてメダルを獲って、卓球人気を復活したい」と、強く心に誓っていた。
そのクアラルンプール大会への出発1週間前、小山ちれ選手が、体調不良により急に出場を辞退。
その対応に苦慮したが、まるで偶然にも事態の2日前に、中国からの帰化選手の羽佳純子選手と会い、話をしていた...

詳細は「ニッタクニュース2009年1月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧