TOPICS

ALL TOPICS

2019.06.16

#RESULTS

【男子単準決勝】林昀儒と許昕が決勝で対戦

男子シングルス準決勝

 

林昀儒(チャイニーズタイペイ)とワールドツアー初参戦ながら張本智和や梁靖崑など大物食いで勝ち上がってきた孫聞(中国)の対戦は、林昀儒が勝利。
林は切れ味鋭いサービスで先手を取り、小さいバックスイングから繰り出す目の覚めるようなドライブで孫を圧倒。孫は第1ゲームを先取したが、2ゲーム以降はいくら連続攻撃をしても林の堅いブロックに阻まれ、勝機を見出せなかった。

 

許昕と樊振東の実力者対決は、許昕に軍配。
中盤は樊の爆発力のあるカウンター、打点の早いバックハンドが冴えゲームカウント3-2と王手をかけたが、終盤は許のサービスレシーブからの積極的な回り込みフォアドライブが決まって逆転勝利で決勝進出。

 


林昀儒(チャイニーズタイペイ) 4(-6,2,4,9,4) 孫聞(中国)
許昕(中国) 4(-5,4,7,-5,-6,8,3) 樊振東(中国)


 

林昀儒(チャイニーズタイペイ)打点を臨機応変に変えて返球する巧さも天性のものだろうか

 

ダークホースとして勝ち上がってきた孫聞(中国)。存在感を示した

 

体勢を崩しても質の変わらないドライブを放つ許昕(中国)

 

樊振東(中国)は準々決勝で馬龍に勝利し、優勝一直線かと思われたが…