LESSONS

BACK

2020.06.25

#TAKUSURU

欽ちゃんの卓球教室Part7🏓✨

欽ちゃんの卓球教室 Part7🏓

(Part6の「練習は試合のため」はこちら✨)

 

Part7、本日のテーマは!「勝つイメージをつくる」です😬

 

早速、教えていただきましょう😄

近藤先生(以下「欽ちゃん」)に、ケンがリモート取材をしました(以下「K」)😄

 

K:試合の時は、どのようなイメージをもって臨めばいいのでしょうか?🤔

 

欽ちゃん:ズバリ!「勝つイメージ」を持つことですね👍

 

K:自分が過去に勝った時のことを思い出すということでしょうか?🤔

 

欽ちゃん:もちろん、それも大切なことですね😌ですが、今回の「勝つイメージ」はもっと具体的です🤭

 

K:き・・・気になります🤣早速ですが、教えてください😁

 

欽ちゃん:卓球の1ゲームは、11点のポイントを先に取った方が勝ちですね😀

ですから、どのようにして11点を先に取るかを考えます🤔

11対9で勝ったとすると、お互いが取った点数を足すといくつになりますか?

 

K:11+9=20ですね!😀

 

欽ちゃん:正解です!

合計で20点ですから、サービスとレシーブの内訳はお互いサービスが10本、レシーブが10本だったとなります🏓

サービス権が10本あってそのうちの7点、レシーブの時は、10本のうち4点は取ろうというイメージを作るのです(。◕ˇдˇ​◕。)/

1回のサービスは2本、レシーブも2本ですから、サービスが2本×5回、レシーブが2本×5回ですね🏓

いいですか?

算数の問題ですよ?

サービス権の時に7点を取るイメージをしてください!

サービス権5回のうち2回は2点を取り、残り3回は1点取れば何点になりますか?😉

 

K:え~っと、、、2×2+3×1=7だから7点ですね😆

 

欽ちゃん:その通り!そしてレシーブの2本×5回のうち、4点を取れば合わせて11点となり勝ちにつながりますね~😆

例えば、サービス権で6点しか取れなかった💦

すると、レシーブで5点を取らないと11点にならないので、負けてしまいます😨

1ゲームでサービス権の時に7点、レシーブの時は4点取れるよう練習してください😊

 

以上、近藤欽司先生からのアドバイスでした😆

本日も大変タメになるご指導をありがとうございます🙇‍♂️

 

卓球が上達するには、算数ができた方がいいということも今回よ~く分かりました❕

 

「勝つイメージ」を具体的にすることで、より自分自身の練習した方が良い技術が見えてくるかも知れませんね😊

 

さて、この欽ちゃんの卓球教室、早くも7回目になりました✨

今までの投稿での質問や疑問、また日頃の練習での悩みなどございましたら、お問い合わせください😉

お待ちしております🏓😆

 

 

確かな指導力で悩みを解決!

確実なレベルアップを保証します👍

楽しく身体を動かしたい♪

初心者の方も大歓迎🎉

卓球教室の予約・スケジュールはこちら

 

卓球を遊ぶ・学ぶ。

どちらでも楽しめる卓球スペース

東京ドームシティ「タクスル」🏓