メニューを開く

戻る

契約選手 他(ニッタクアドバイザー)

契約選手他(ニッタクアドバイザー)
  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

契約選手 他 カテゴリ

契約選手contract player

森薗 政崇
Masataka Morizono

所属 明治大学
戦型 左シェーク攻撃
生年月日 1995/4/5
血液型 A型

経歴

    東京都西東京市出身。姉は同じく卓球選手の森薗 美咲選手。
    青森山田中学・高校、明治大学(2014年~)。
    コブクロのPVに父とともに出演をしている。


    ITTF(国際卓球連盟)発表2017年5月世界ランキング63位

    【主な戦績】

    2017年

    (1)2017アジア卓球選手権大会 (2017.4月.9日~4月16日)、無錫(中国))

    【銀メダル】混合ダブルス 森薗政崇/伊藤美誠

     

    (2)TTFワールドツアー・カタールオープン
    (2017.2.21~26、カタール・ドーハ)
    男子ダブルス優勝(ペア:大島祐哉)

     

    (3)ITTFワールドツアー・インドオープン

    (2017.2.14~19、インド・ニューデリー)
    男子ダブルス優勝(ペア:大島祐哉)

     

    2016年 

    (1)2016ITTFワールドツアー・グランドファイナル
    (2016.12.8-12.11、ドーハ)

    男子ダブルス 2位(ペア:大島祐哉)

     

    (2)優勝男子ダブルス(ペア:大島祐哉)

    ITTFワールドツアー・ポーランドオープン
    (2016.4.20-24、ワルシャワ) 

     

    (3)男子ダブルス【3位】(ペア:大島祐哉) 
    ITTFワールドツアー2016スーパー シリーズ
    カタールオープン(2016.3.23-27、ドーハ)


    (4)【優勝】男子ダブルス(ペア:大島祐哉)
    ITTFワールドツアー2016スーパー シリーズ
    ドイツオープン(2016.1.27-31、ベルリン)


    2015年
    (1)【優勝】男子ダブルス(ペア:大島祐哉)
    ITTFワールドツアー2015
    ITTFワールドツアー・グランドファイナル
    (2015.12.10-13、ポルトガル・リスボン)
    日本ペアのグランドファイナル男子ダブルス優勝は1996年第1回大会以来初。

      
    (2)男子ダブルス【3位】(ペア:大島祐哉)
    ITTFワールドツアー2015メジャー シリーズ
    スウェーデンオープン(2015.11.11-15、ストックホルム)

    (3)【優勝】男子シングルス(2年連続2回目)
    第82回全日本大学総合選手権(個人の部)
    (2015.10.23-25、 京都・京都市体育館(ハンナリーズアリーナ))

    (4)男子団体       【2位】
         男子ダブルス【3位】(ペア:大島祐哉)
     第22回アジア卓球選手権大会(2015.9.26-10.3、タイ・パタヤ)
        
    (5)[1]男子シングルス優勝
    ユニバーシアード卓球競技シングルス種目における日本勢初の金メダル
    卓球競技における日本の金メダル獲得は、2013カザン大会における女子団体、混合ダブルスに続いて3つ目。
         [2]男子ダブルス2位(ペア:大島祐哉)

         [3]日本男子2位(森薗政崇、大島祐哉、吉田雅己、町飛鳥、上田仁) 
    第28回ユニバーシアード競技大会・卓球競技
    (2015.7.6-7.13、 大韓民国・光州)

    (6)男子ダブルス3位(ペア:大島祐哉(早稲田大学))
      
    男子シングルス出場 
    ITTFワールドツアー2015スーパー シリーズ
    ジャパンオープン・荻村杯(2015.6.24-28、神戸)

    (7)男子ダブルス優勝(ペア:大島祐哉)
    ITTFワールドツアー2015チャレンジ シリーズ
    クロアチアオープン(2015.5.19-23、ザグレブ)

      
    (8)ベスト8「男子ダブルス(ペア:大島祐哉)」
    QOROS 2015年世界選手権蘇州大会(個人戦) 
    (2015.4.26-5.3、中国江蘇省蘇州市)

    (9)男子3位 
    LIONカップ第20回ジャパントップ12卓球大会
    (2015.2.28、国立代々木競技場第二体育館)

    (10)男子ダブルス優勝
    ペアは三部 航平(青森山田高校・青森) (2年連続2回目)
     天皇杯・皇后杯 平成26年度全日本選手権(一般・ジュニアの部)
    (2015.1.12-18、東京・東京体育館)

     
    (11)日本男子(村松雄斗、森薗政崇、大島祐哉)ベスト8 
       2015 ワールドチームカップ(2015.1.8-11、アラブ首長国連邦・ドバイ)

    2014年
    (1)男子ダブルス優勝(森薗政崇/大島祐哉)チェコオープン(2014.8.27-31、オロモウツ)
    (2)ジャパンオープン・荻村杯(2014.6.18~6.22、横浜文化体育館)出場
    (3)男子ダブルス3位(森薗政崇/三部航平)韓国オープン(2014.6.11-15、仁川(インチョン)) 
    (4) 【個人賞三冠】殊勲賞、 優秀選手賞、 最優秀新人賞:平成26年度春季関東学生1部リーグ戦(2014.5.13-16、5.19国立代々木競技場第二体育館、所沢市民体育館)
    (5)男子シングルス 2位:スペインオープン(2014.4.2-6、アルメリア)
    (6)男子ダブルス優勝(森薗政崇/三部航平):「天皇杯・皇后杯 平成25年度 全日本卓球選手権大会」 (2014.1.14-19、東京体育館)
    (7)ドイツ・ブンデスリーガ 〈男子2部南部・フリッケンハウゼンⅡ※13勝5分で2部南部1位〉
    25勝3敗の圧倒的な勝率で、フリッケンハウゼンⅡの2部南部優勝に貢献
     最終戦の第18節 単複で全勝の活躍を見せ、チームの勝利に貢献した。
    (11年世界ジュニア代表のタイペイの李俊霖、チェコ代表として活躍したビボルニーに快勝。後半戦の第10節以降では、勝利した13試合のうち10試合でストレート勝ち。ダブルスでは14戦全勝という成績)
      
    2013年
    (1)全国高校総体(インターハイ) 「男子シングルス優勝」「男子ダブルス2位」             
    (2)全日本選手権(ジュニアの部)   「男子シングルス優勝」
    (3)ITTFワールドツアー2013 HARMONY 中国オープン「男子アンダー21優勝」
    (4)ITTFワールドツアー2013スーパーシリーズドイツオープン「男子アンダー21優勝」
    (5)ITTFワールドツアー・ポーランドオープン「男子ダブルス 2位(ペア:三部航平)」


    2012年  グローバルジュニアサーキットファイナル 男子単優勝


    2009年  オーストラリアジュニアオープン:男子シングルス優勝

     
    2007年  全日本選手権ホープス優勝、カデット優勝


    2005年  全日本選手権 カブ優勝
     


    ※下記使用製品について2013/12/1現在の情報となっております。

    ラケット:キョウヒョウ王FL(Nittakuカタログ外製品)

    ラバー:ファスタークG-1 

森薗政崇1602

使用製品