メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • (画面左下)bnr_takusuru_230-125
  • 2018総合カタログ
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

平成30年度全日本ラージボール選手権大会

6月22~24日、大分県・べっぷアリーナ

今年度から新たにスタートした全日本ラージボール選手権大会は大分県で開催された。
種目は男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの3つ。

上位の顔ぶれは昨年度まで行われた全国ラージボール大会とさほど変わらない印象だったが、開催地でもある九州地方の猛者たちの健闘も光った。来年は富山県で開催予定となっている。

 

【男子シングルス一般】

★優勝 
池田亘通(南茅部卓球少年団/北海道)
ミスの少ない安定したラリーでチャンスとみるや威力のある攻撃を放った。
「昨年は勢いだけで勝ちましたが、今回は対策をされているのを感じて、気を抜ける試合は一つもなかったです」

 

 

【男子シングルス40】

★優勝 
藤本武司(ニッタクサンフレンド/東京)
「混合複で優勝を逃し、悔しさがあった。気力での勝負だった」と準決勝では天敵・三島を破った 

 

 

 
【女子シングルス40】

★優勝 
宍戸裕子(花野井クラブ/千葉)
勝ち上がりは接戦も多く、決勝ではカットの入江との我慢対決を制した

 

【女子シングルス60】

★優勝 
井ノ口博子(花野井クラブ/千葉)
決勝ではカットの濵川のボールをしっかりと見極めスマッシュを打ち分けた

 

【女子シングルス70】

★優勝 
平田洋子(武蔵野クラブ/東京)
粘り強いラリー力で、付け入るスキを見せずに圧巻の優勝

 

 

 

<つづきはニッタクニュース2018年8月号をご覧ください>

※次号2018年9月号は8月10日(金)発行予定です。 

詳細は「ニッタクニュース2018年8月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧