メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界卓球tournament results category

女子シングルス決勝は丁寧対劉詩ウェン!

世界卓球

2015/05/02

女子シングルス決勝は丁寧対劉詩ウェン!

●女子シングルス準決勝

丁寧(中国) ー9、6、10、ー5、6、ー1、6 木子(中国)

劉詩ウェン(中国) 6、ー8、9、7、8 李暁霞(中国)

女子シングルス準決勝は丁寧と劉詩ウェンが勝利、今日夜の女子シングルス決勝に進出した。

丁寧は木子に苦戦。ともにバックハンドよりも、豊富な運動量で中陣で動き回るスタイル。

木子の連続フォアドライブにミスがなく、ゲームオールの大接戦になったが、最後は木子をフォアに離してからバックサイドをつぶした丁寧に凱歌。


劉詩ウェン対李暁霞、これまでビッグゲームでは常に李暁霞が勝利していたが、ついに劉詩ウェンが「李暁霞越え」。

この大会に向けて調整してきたものの、この1年は故障がちで練習量が落ちている李暁霞は、必殺の武器である回り込みシュートドライブが影を潜めた。
劉詩ウェンは3ゲーム目10ー9のゲームポイントで、低く沈む巻き込みサービスで李暁霞のバックドライブのミスを誘い、このゲームを奪ったのが大きかった。

 
上写真は丁寧、下写真左は劉詩ウェン、下写真右は李暁霞