メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

おめでとう! 混合ダブルスは張一博/森薗美咲が優勝!!

全日本選手権

2014/01/17

おめでとう! 混合ダブルスは張一博/森薗美咲が優勝!!

●混合ダブルス決勝

張/森薗(東京アート/日立化成) -6、15、10、4 吉村/石川(愛知工業大/全農)

  混合ダブルスを制したのは、張/森薗ペア!

 序盤は吉村/石川ペアの回転の分かりにくいサービスに苦戦した張/森薗ペア。レシーブが浮いてしまい、いいように台上で強打を打たれてしまったが、2ゲーム目からは徐々に感覚をつかんで、大きいラリー戦に持ち込んでいった。

 このゲームでは張/森薗が14-13でリードした場面でタイムアウトを取り、このゲームをものにすると、続く3ゲーム目もジュースで制し、流れを引き戻す。4ゲーム目に入ると、焦りからか、吉村の両ハンドにミスが目立ち、張/森薗が6-4のリードから一気に5本連取で優勝を決めた。 

☆試合後のコメント☆

張「全日本選手権では初めてのタイトルなので、本当にうれしいです。優勝できたのは森薗さんのおかげです。僕もずっとミックスに出たいと思っていて、去年森薗さんから声をかけていただいたから優勝できた」 

森薗「昨日のシングルスで初戦負けしてしまったので、なんとしても優勝したい気持ちがあった。私が男子のボールを受ける時は、とにかく相手コートに低く返すことだけを考えました。張さんが私の打ちやすいようにサービスを組み立てたり、厳しいコースにレシーブしてくれてとても助かりました」

 森薗が「どうしても全日本のタイトルが欲しい」ということで張にパートナーをお願いしたというこのダブルス。東京都予選からの出場で、代表権を獲得したものの、練習をしたのは全日本選手権の前日だけだった。しかし、試合を重ねるごとに2人のコンビネーションは高まり、一気に表彰台の頂点に登り詰めた。