メニューを開く

戻る

大会結果大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧

大会結果一覧tournament results

世界卓球
2019/04/22
日本勢、男女ダブルス1回戦も全勝で勝ち上がる!
●女子ダブルス1回戦 橋本帆乃香/佐藤瞳 −6、17、9、4、3 ボグダノワ/トリゴロス(ベラルーシ) 早田ひな/伊藤美誠 6、6、9、5 ツァコル/トゥビカネツ(クロアチア)...

世界卓球
2019/04/22
混合ダブルス1回戦、日本の2ペアは快勝発進!
●混合ダブルス1回戦 森薗政崇/伊藤美誠(日本) 1、2、3、5 テシャボエフ/カジェバ(ウズベキスタン)...

世界卓球
2019/04/22
22年団体戦に立候補の北九州敗れる。世界選手権の開催地決定
 本日4月22日、国際卓球連盟のAGM(年次総会)が行われている。その中で2021年の世界選手権個人戦はアメリカのヒューストンで開催され、2022年の団体戦は中国の成都(四川省)で開催されること...

世界卓球
2019/04/22
男子の大会最年長、パキスタンのクレシが登場
 今大会の男子の最年長は、1966年生まれであるパキスタンのクレシ。バックサイドのボールもすべてフォア面の裏ソフトで処理するという、1970〜80年代に活躍したアメリカのシーミラーやボーガンが駆...

世界卓球
2019/04/22
大会第2日目、夜スタートのダブルス3種目に日本ペア登場!
 各種目の予選ラウンドが行われた大会第1日目に続き、大会第2日目の4月22日はまず混合ダブルスで決勝トーナメント1回戦がスタート。現地時間18時(日本時間23日午前1時)から始まる混合ダブルス1...

世界卓球
2019/04/21
大会初日は日曜日、様々に卓球を楽しむ観客たち
 大会第1日目の4月21日は日曜日。そして今、ヨーロッパはイースター(復活祭)の4連休で、明日までお休み。会場を訪れたファンは、のんびりと観戦を楽しんでいる。 上写真は、ブダペスト大会のマスコッ...

世界卓球
2019/04/21
混合複 樊振東/丁寧ペアが初日に登場
初日は、男女シングルス、混合ダブルスの予選からスタート。日本選手をはじめとするランキング上位の選手はトーナメントからのため、本日はほとんど試合がなく明日からのスタートとなるが、ランキングを持たな...

世界卓球
2019/04/20
快音響かせる石川佳純。威力を増す両ハンド
 会場での練習で、キレのあるフォアドライブを連発していた石川佳純。フォアドライブの打球点はさらに早く、より水平に振り抜くような打法になり、目にも留まらぬスピードでコートを駆け抜ける。フォア前への...

世界卓球
2019/04/20
開幕を明日に控えたブダペスト大会、日本選手が練習
 大会の開幕を明日に控えた世界選手権個人戦ブダペスト大会。会場の『hungexpo』のメインアリーナでは、朝9時から日本選手による練習が行われている。  ...

国内大会
2019/04/19
有延が男子単も制し二冠! ビッグトーナメント
どちらが勝っても初優勝となる決勝戦で、有延は、試合巧者の笠原に対して怯むことなく徹底して積極的に先手をとり続けた。ドライブの勢いは最後まで衰えなかった。前日のダブルスと合わせて二冠を制した。※大...

国内大会
2019/04/19
女子単は宋恵佳が初優勝! ビッグトーナメント
決勝は、緩急自在にボールを操る安藤に対して翻弄されることなく、ペン両面から放つドライブでチャンスをつくっていく自身のスタイルを堅実に守り抜いた宋が初優勝。男子同様、二冠制覇となった。 ▶順位...

国内大会
2019/04/19
女子複は中国電力ペアが優勝ビッグトーナメント
女ダブルスは強気がぶつかり合う打撃戦となった。その中でコースをつく丁寧さが上回った中国電力ペアが接戦を制した。ベンチ入りした和田圭輔コーチは「やることに対して迷いを無くす、ということが出来た。分...

国内大会
2019/04/19
リコーペアが優勝 ビッグトーナメント男子複
第28回日本リーグ選手権ビッグトーナメント奈良大会は19日、男女ダブルスが決勝まで行われた(ジェイテクトアリーナ奈良)。男子ダブルス決勝は、松下・藤村ペアが元気よく徹底した攻撃姿勢を貫き、ゲーム...

国際大会
2019/04/07
【アジアカップ】樊振東、朱雨玲が連覇。丹羽、石川が3位
男子決勝は、馬龍と樊振東の同士討ち。決勝戦に相応しい激しいラリーを展開。目にもとまらぬ速さのカウンターや破壊力のあるドライブなど見応え十分のゲームとなった。これまでの結果からみると、分がいい馬龍...

国際大会
2019/04/06
【アジアカップ】決勝は中国対決 丹羽、張本、石川は3位決定戦へ
決勝には男女ともに中国選手が進出を決めた。男子準決勝、張本智和と樊振東の対戦は、第1ゲームを張本が先取したが、樊振東が4ゲーム連取し勝負あり。しかし、第3・4ゲームと競り合い、チャンスがあっただ...