メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

チームワールドカップtournament results category

【女子準々決勝】日本がルーマニアに勝利し準決勝進出!

チームワールドカップ

2019/11/08

【女子準々決勝】日本がルーマニアに勝利し準決勝進出!

トップは石川佳純/平野美宇とサマラ/モンテイロ‐ドデアンのベテランペア。
第1ゲームはルーマニアペアの思い切りのいい攻撃に押され先制を許すが、2ゲーム以降は息の合ったプレーで連続攻撃が決まって3ゲーム連取で先取点を上げる。
2番の伊藤美誠は、序盤でスッチのフォア前とバックに来る回転量の多いサービスに苦戦し、0-5スタートとなったが、サービスからの展開で積極的に攻撃を仕掛けて盛り返してジュースでこのゲームを取ると、続く第2ゲームも矢継ぎ早な攻撃でスッチを翻弄する。
伊藤らしい多彩なレシーブも随所で光り、ストレート勝利で日本が王手をかける。
3番は石川とモンテイロ‐ドデアン。石川は全身をフルに使った威力のあるフォアドライブを連発し、得点を重ねていくが、リーチのあるドデアンに対しサイドに攻めるとさらに鋭角にコースを突かれてしまう。
石川は効果的にミドルを攻めながら、2対1とリードした4ゲーム目で10-7とマッチポイントを握るが、ドデアンが粘り強くラリーを制して5連取し逆転を許してしまう。
最終ゲームも一進一退の展開となるが、強気を貫いた石川の攻撃が決まり5-4から5連取して王手をかける。最後は多少の迷いを見せたが、最後は勝負強さを見せた石川が勝利し、準決勝進出を決めた。

日本3-0ルーマニア
1平野/石川3(-7,11,5,5)1サマラ/モンテイロ‐ドデアン
2伊藤3(10,7,6)0スッチ
3石川3(8,-11,11,-10,6)2モンテイロ‐ドデアン
4平野-スッチ
5伊藤-サマラ

 


渾身のフォアハンドが幾度となく決まった石川佳純


気持ちのいいバックハンドで圧倒的な強さをみせた伊藤美誠


序盤こそ堅さが見られたが、息の合ったプレーをみせた



石川と平野に「すごく速い」と言わしめたモンテイロ‐ドデアンのバックハンド