メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

チームワールドカップtournament results category

【女子準々決勝】中国とチャイニーズタイペイが準決勝へ

チームワールドカップ

2019/11/08

【女子準々決勝】中国とチャイニーズタイペイが準決勝へ

女子準々決勝
中国とアメリカの対戦は見応えあるラリーの連続となった。
アメリカは、ダブルスではゲームこそ取れなかったが、果敢な攻撃で肉薄した戦いを見せた。
続く2番は世界女王の劉詩雯の無駄のない動きから繰り出す両ハンドでウー・ユエを圧倒。
3番の孫穎莎のストレート攻撃も脅威的であったが、リリー・チャンのフラットに当てるカウンターは伊藤美誠の「みまパンチ」を彷彿とさせるものがあった。
結果は中国の圧勝となったが、ベテランのウー・ユエ、着実に力をつけてきているリリー・チャン、16歳と伸びしろのあるエイミー・ワンと、今後のアメリカの成長は見逃せない。
 
一方のチャイニーズタイペイと中国香港の試合は接戦を極めた。
ダブルスは中国香港ペアが抜群のコンビネーションで快勝すると、2番はエースの鄭怡静がフットワークを活かしたフォアドライブ杜凱琹を圧倒。長いラリーでも1本多く粘って勝利につなげた。
さらに、3番で陳思羽が蘇慧音に3対0で勝利。第1ゲームは10-8と蘇慧音がゲームポイントを握ったが、台から出るか出ないか際どいボールも臆することなく攻撃して逆転勝利。流れをつかむと、2ゲーム以降もバック対バックで競り合うが、反応に優れていた陳思羽に軍配が上がった。
4番の杜凱琹と鄭先知はこれが初対戦。格上の杜凱琹が回転量の多いドライブで得点を重ね2ゲーム先取したが、ここから鄭先知が打点の高い思い切った攻撃で応戦し2対2のタイに。しかし、最後は杜凱琹がリードを許してからも冷静にボールをつないで勝利。
ラストは、鄭怡静と李晧晴の激しいラリーの応酬が目立った。互いに一歩も譲らない展開だったが、鄭怡静が緩急をつけたバックドライブと鋭いフラットなバックを使い分けて勝利。

【対戦スコア】
中国3-0アメリカ
1陳夢/孫穎莎3(10,10,7)0エイミー・ワン/リリー・チャン
2劉詩雯3(3,8,4)0ウー・ユエ
3孫穎莎3(-8,8,5,5)1リリー・チャン
4陳夢-ウー・ユエ
5劉詩雯-エイミー・ワン

チャイニーズタイペイ3-2中国香港
1鄭先知/陳思羽1(-8,-8,6,-8)3李晧晴/蘇慧音
2鄭怡静3(-7,6,10,3)1杜凱琹
3陳思羽3(10,10,9)0蘇慧音
4鄭先知2(-5,-8,7,10,-9)3杜凱琹
5鄭怡静3(-9,8,8,7)2李晧晴



隙のないプレーをみせた劉詩雯


見事なカウンターで孫穎莎から1ゲームを奪ったリリー・チャン


2勝利を挙げ、エースとしての役割を果たした鄭怡静


ラストで勝利した鄭怡静を迎え入れるベンチ


4番で鄭先知に辛勝した杜凱琹。なんとかラストにつなげたが…