メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 第28回東アジアホープス大会 女子日本が団体4連覇。男子単で松島、女子単で張本が優勝!!

小学生tournament results category

第28回東アジアホープス大会 女子日本が団体4連覇。男子単で松島、女子単で張本が優勝!!

小学生

2019/07/08

第28回東アジアホープス大会 女子日本が団体4連覇。男子単で松島、女子単で張本が優勝!!

第28回東アジアホープスが7月5~8日まで(競技は6日、7日)行われた。
今年は、日本、大韓民国、中国、北朝鮮民主主義共和国、中国マカオ、中国香港、チャイニーズタイペイ、モンゴルの8つの国と地域に加え、開催場所であるCTTC(中国卓球学院)の9チームが参加した。
 小学生とは思えない高い技術と質の高いプレーに、最終日に訪れた観客も世界選手権に負けない大きな歓声をあげた。

以下、結果

【男子団体】
優勝 チャイニーズタイペイ
準優勝 日本
3位 CTTC


▲男子選手団

【女子団体】
優勝 日本 ※4連覇
準優勝 中国
3位 北朝鮮民主主義共和国


▲女子団体4連覇の日本チーム

【男子シングルス】
優勝 松島輝空(日本)
準優勝 Chen(中国)
3位 Hsu(中国)


▲男子シングルス優勝の松島輝空

【女子シングルス】
優勝 張本美和(日本)
準優勝 青木咲智(日本)
3位 小塩悠菜(日本)


▲女子シングルス優勝の張本


▲女子シングルス準優勝の青木


▲女子シングルス3位の小塩

松下雄二男子監督コメント
「松島、吉山、木村の3人は小学校4年生からHNT(ホープスナショナルチーム)に選ばれているので、それなりに経験があったと思います。由本、谷本、山岸の3選手に関しては、予選を経て代表になっていて、この大会までに2回の合宿しか経験することができなかったで、海外で勝つ難しさを教えることができなかったです。ただこの経験を活かして、母体に帰ってさらなるレベルアップを目指して欲しいです。
 男子に関しては、中国、チャイニーズタイペイ、韓国が小学生の強化をしてきたな、という印象です。団体戦は優勝はできませんでしたが、予選リーグで『中国』に勝てたことは、選手の自信になったと思います」


▲松下雄二男子監督

野中直広女子監督コメント
「昨年のこの大会が終わり、9月の合宿の時に、世界で勝つためには、海外で活躍するためには、という話をしてきました。昨年のこの大会を経験しているのは張本、青木だけでしたが、そういうことを言い続けてきたことが良かったと思います。
 団体戦はダブルスが鍵を握ると思っていたので、準備してきました。4連覇できたことはとても嬉しく思います。個人戦も日本選手が表彰台を独占することができたので、HNTとして良い活動ができていると思います」


▲野中直広女子監督