メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【春季関東学生リーグ戦】男子は明治大、女子は早稲田大が4季連続優勝

大学生tournament results category

【春季関東学生リーグ戦】男子は明治大、女子は早稲田大が4季連続優勝

大学生

2019/05/17

【春季関東学生リーグ戦】男子は明治大、女子は早稲田大が4季連続優勝

春季関東学生リーグ戦1・2部は、5月10~12日に所沢市民体育館、16~17日に港区スポーツセンターで開催された。

男子1部は、明治大が全勝で4季連続の優勝を果たした。
エースの龍崎東寅が単複に活躍し、そのパートナーの沼村斉弥は後半起用の要所で勝ち星を挙げ殊勲賞に選ばれた。
2位は早稲田大。全勝対決で迎えた第6戦の明治大戦では、ラストまでもつれる接戦となった。ラストは硴塚将人(早稲田大)と今リーグからデビューとなった菅沼湧輝が対戦。硴塚がゲームカウント2対1とリードしマッチポイントを握ったが逆転で菅沼がこのゲームを制す。最終ゲーム、硴塚が5-1とリードしたが、またも菅沼が追いつき、ジュースの接戦を切り抜け勝利に大きく貢献した。

女子1部は早稲田大が中央大、青山学院大との三つ巴を制して、4季連続の優勝。
昨年までツインエースとして支えた阿部愛莉、徳永美子が抜けたが、主将として牽引した鎌田那美をはじめ、4年が活躍。また、得点源となる笹尾明日香、岩越帆香ら2年生の活躍も大きかった。
2位の中央大は最終戦の早稲田大に敗れたが、厚い選手層で最終戦まで無敗と優勝まであと一歩だった。

2部は、男子が日体大、女子は筑波大がともに全勝で優勝し、1部昇格を果たした。

【男子1部順位】
優勝 明治大(7戦)
2位 早稲田大(6勝1敗)
3位 専修大(5勝2敗)
4位 中央大(3勝4敗)
5位 筑波大(3勝4敗)
6位 法政大(2勝5敗)
7位 日本大(1勝6敗)
8位 駒沢大(1勝6敗)

殊勲賞 沼村斉弥(明治大)
敢闘賞 及川瑞基(専修大)
優秀選手賞 龍崎東寅(明治大)、及川瑞基、青山昇太(法政大)
新人賞 浅津碧利(中央大)
最優秀ペア賞 龍崎東寅・沼村斉弥



男子1部優勝 明治大

【女子1部順位】
優勝 早稲田大(6勝1敗)
2位 中央大(6勝1敗)
3位 青山学院大(6勝1敗)
4位 東京富士大(3勝4敗)
5位 日本大(3勝4敗)
6位 専修大(2勝5敗)
7位 日本体育大(1勝6敗)
8位 大正大(1勝6敗)

殊勲賞 鎌田那美(早稲田大)
敢闘賞 木村香純(専修大)
優秀選手賞 笹尾明日香(早稲田大)、山本笙子(中央大)、三輪咲里南(大正大)
新人賞 該当者なし
最優秀ペア賞 岩越帆香・笹尾明日香(早稲田大)



女子1部優勝 早稲田大

【男子2部順位】
優勝 日本体育大(5勝)
2位 大正大(3勝2敗)
3位 埼工大(3勝2敗)
4位 慶応義塾大(2勝3敗)
5位 國學院大(2勝3敗)
6位 東京経済大(5敗)

殊勲賞 内村秀平(日体大)



男子2部優勝 日本体育大

【女子2部順位】
優勝 筑波大(5勝)
2位 東洋大(4勝1敗)
3位 國學院大(3勝2敗)
4位 淑徳大(2勝3敗)
5位 東京経済大(1勝4敗)
6位 東京女子体育大(5敗)

殊勲賞 髙東沙奈(筑波大)



女子2部優勝 筑波大