メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

中学生tournament results category

全中…中間東が初優勝、四天王寺がV2

中学生

2018/08/25

全中…中間東が初優勝、四天王寺がV2

第49回全国中学校大会は、8月22~25日、広島県立総合体育館で開催された。
男子団体は中間東が初優勝を遂げた。

決勝は、予選リーグで野田学園、決勝トーナメント1回戦で愛工大名電と優勝候補を破って勝ち上がってきた明豊。九州でよく知る明豊を相手に中間東はカットの原田春輝を軸にそれぞれが役割を果たして、3-1で勝利した。
3位には、東京勢の安田学園と実践学園が入った。

女子団体は四天王寺が全試合オール3-0で2連覇を飾った。
決勝は、同じ大阪府の貝塚第二。府大会で2回、近畿大会で1回対戦しており、4度目の勝負となったが、今回も四天王寺に軍配が上がった。
3位には、明徳義塾と山陽女が入賞した。

男子シングルスは、谷垣佑真(愛工大名電)が濵田一輝との同士討ちを制して初優勝し、団体の敗戦の雪辱を果たした。決勝は激しいラリーの応酬で見応えのある戦いとなったが、フルゲームを谷垣が制した。
3位は、鈴木颯(愛工大名電)と篠塚大登(愛工大名電)を破った三浦裕大(河北台)だった。

女子シングルスは、大藤沙月(四天王寺)が小塩遥菜(稲付/JOCエリートアカデミー)のカットに対し、絶妙に止まるストップと緩急をつけた攻撃で攻略して初優勝を果たした。
3位には、菅澤柚花里と中森帆南の四天王寺勢が入った。

【男子団体】
優勝 中間東(福岡)
準優勝 明豊(大分)
3位 安田学園(東京)
3位 実践学園(東京)


初優勝の中間東

【女子団体】
優勝 四天王寺(大阪)
準優勝 貝塚第二(大阪)
3位 明徳義塾(高知)
3位 山陽女(岡山)


完全優勝で2連覇を果たした四天王寺

【男子シングルス】
優勝 谷垣佑真(愛工大名電/愛知)
準優勝 濵田一輝(愛工大名電/愛知)
3位 三浦裕大(河北台/石川)
3位 鈴木颯(愛工大名電/愛知)


「3年生でやっと優勝できた」と、念願の初優勝を飾った谷垣佑真

【女子シングルス】
優勝 大藤沙月(四天王寺/大阪)
準優勝 小塩遥菜(稲付/東京)
3位 菅澤柚花里(四天王寺/大阪)
3位 中森帆南(四天王寺/大阪)


豪快な両ハンドドライブで初優勝した大藤沙月