メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

中学生tournament results category

関東中学・・・男子は安田学園、女子は武蔵野がV

中学生

2018/08/10

関東中学・・・男子は安田学園、女子は武蔵野がV

第46回関東中学校大会は、8月8~10日の3日間、神奈川県・相模原市立総合体育館で開催された。

男子団体は、ベスト4を東京勢が独占し、決勝は安田学園と実践学園の対戦となった。都大会では、実践学園に軍配が上がったが、今回は3-1で安田学園が勝利し、初優勝を飾った。

女子団体は、武蔵野が横浜隼人とのライバル対決を3-2の接戦の末に制して、4年ぶり16度目の優勝を決めた。

男子シングルスは、伊藤礼博(安田学園)が決勝で髙橋航太郎(実践学園)をくだして、初優勝。2冠を達成した。

女子シングルスは、新井和夏葉(中原)が決勝で吉岡桜子(石神井西)のカットを攻略して、うれしい初優勝を決めた。

【男子団体】
優勝 安田学園(東京)
準優勝 実践学園(東京)
3位 尾久八幡(東京)、日大豊山(東京)


男子団体初優勝の安田学園

【女子団体】
優勝 武蔵野(東京)
準優勝 横浜隼人(神奈川)
3位 市貝中(栃木)、毛呂山(埼玉)


女子団体優勝の武蔵野

【男子シングルス】
優勝 伊藤礼博(安田学園)
準優勝 髙橋航太郎(実践学園)
3位 剣持将作(実践学園)、廣田遼太朗(安田学園)


軽快なフットワークでラリー戦に強さを見せた伊藤礼博(安田学園)

【女子シングルス】
優勝 新井和夏葉(中原)
準優勝 吉岡桜子(石神井西)
3位 木田美佑里(東山田)、須藤菜々子(和洋国府台)



異質ラバーを駆使し、相手を翻弄した新井和夏葉(中原)



ベンチコーチには父の新井卓将コーチが入った