メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • nittaku_18awcatalog_230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界卓球tournament results category

【男子準々決勝】日本、奮戦するも、韓国に惜敗…。

世界卓球

2018/05/04

【男子準々決勝】日本、奮戦するも、韓国に惜敗…。

日本対韓国の男子準々決勝は、現地時間の14時半より行われた。

11時の試合で、日本女子が勝利。直後に行われた試合ということで、日本の勝利の余韻が残っていた。

日本男子トップは、張本智和。対する韓国は、鄭栄植であった。打点の早いバックハンドの攻撃で、リズムをつかむ張本。鄭にリズムを掴ませない攻撃で圧倒するが、鄭も徐々に張本の攻撃に慣れてくる。試合はフルゲームとなり、鄭が張本の打点の早い攻撃をさけるように、フォアサイドにボールを集める。結果、その攻撃が効き、鄭が逆転。韓国が先取点。

日本の2番は、水谷隼。韓国は李尚洙。李尚洙が思い切りよいドライブ攻撃を見せるが、水谷が前・中陣でプレーし、ミスを誘う。水谷が2-1とリードした4ゲーム目。このゲームも8-0とリードする。しかし李がここからじわじわと挽回。途中、水谷がタイムを挟むが流れは変わらず、李がこのゲームを取ってしまう。流れは李に傾くかと思われたが、さすが水谷。ギアを変えたプレーで勝利。1対1とする。

3番は松平健太(日本)と張禹珍。松平が変化のあるサービスからの攻撃を見せるが、張がラリーに持ち込み、持ち前のパワフルな攻撃で得点をあげる。松平も両ハンド攻撃で対抗するが、要所でミスをしてしまい、張に軍配。韓国が2-1とリードする。

後がなくなった日本。ここで水谷が登場。韓国は先取点をあげている鄭。両者の幾度となく対戦しており、常に接戦を演じる。
 鄭が打点の早い両ハンド攻撃で、水谷のミスを誘う。水谷も回り込み攻撃やカウンタープレーを随所に決めて対抗するが、最後は鄭の攻撃が水谷を上回り、勝利。韓国が準決勝進出を決めた。


▲打点の早い攻撃の鄭栄植


▲トップで悔しい敗戦の張本


▲3番に出場した松平


▲気迫あふれるプレーを見せた水谷

【スコア】
韓国 3-1 日本

〇1鄭栄植 3(15,-6,-9,3,9)2 張本智和
 2李尚洙 2(-9,11,-3,12,-7)3 水谷隼〇
〇3張禹珍 3(9,-9,9,7)  1 松平健太
〇4鄭栄植 3(5,8,7) 0 水谷隼