メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • banner_jam_234x60
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

ジュニア女子優勝は長崎美柚、昨年の雪辱果たす!

全日本選手権

2018/01/18

ジュニア女子優勝は長崎美柚、昨年の雪辱果たす!

●ジュニア女子決勝
長崎美柚(JOCエリートアカデミー) −5、−5、11、5、8 塩見真希(四天王寺高)
 
ジュニア女子を制したのは、昨年度準優勝の長崎美柚!
塩見の堅い守りに両ハンドドライブのミスが続き、サービス・レシーブも安定しなかった長崎。大量リードを許して2ゲームを連取されたが、3ゲーム目からバックの逆チキータや、塩見のバックサイドに食い込むような流すバックブロックなど、バックハンドに変化をつけた。
 
一方、準決勝では木原を大逆転で破った塩見は、3ゲーム目から優勝を意識したか、プレーが守勢に回った感があった。最終ゲーム、長崎5−3のリードで塩見がタイムアウト。7−4という勝負の分かれ目で、またも長崎の流すようなバックハンドが、塩見のミスを誘う。10−7でチャンピオンシップポイントを握った長崎が、10−8で塩見のサービスをレシーブドライブで狙い打ち、歓喜のガッツポーズ!
 
準々決勝から3試合連続でゲームオールの接戦を制した長崎。昨年の雪辱を果たす、見事な優勝だ。

(卓球王国配信)