メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • banner_jam_234x60
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

ジュニア男子、張本は完全優勝

全日本選手権

2018/01/18

ジュニア男子、張本は完全優勝

●ジュニア男子決勝
張本(JOCエリートアカデミー) 9、9、9 宇田(JOCエリートアカデミー/大原学園)
 
エリーアカデミー同士の男子ジュニア決勝、張本智和対宇田幸矢。
 1ゲーム目9-9から、張本が2本連取で、11-9。
 2ゲーム目は、 7-9から張本が4本連取して11-9。
 3ゲーム目は、7-7から9-7、10-8、張本が11-9で逃げ切った。
 各ゲーム終盤での張本の強さが際立った。宇田はフォアハンドでの先手攻撃をした時に得点できるが、バックハンドからのラリー展開では張本が得点。終盤での張本はバックでの優位性を発揮した。
 
●張本のコメント
「初めて全日本選手権(ジュニア)に出たときがベスト8で、3年経って待ちに待った優勝なのでうれしいです。決勝はすべて9本で、相手が思いきって攻めてきて、負けてもおかしくないような内容だったけど、しっかり冷静にコースを突いたり、サービスを考えて出したことが良かった。
 とりあえずこれでひとつ優勝して、残りの二つも獲れる自信はあるので、シングルスとダブルスでも絶対優勝したい」

※写真:初戦から全試合ストレート勝ちで優勝の張本(上)と敗れた宇田

(卓球王国配信)