メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • banner_jam_234x60
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

混合ダブルス、森薗/伊藤の新チャンピオンが誕生

全日本選手権

2018/01/18

混合ダブルス、森薗/伊藤の新チャンピオンが誕生

●混合ダブルス決勝
森薗政崇/伊藤美誠(明治大/スターツSC) 8、9、11 軽部隆介/松本優希(シチズン時計/サンリツ)
 
混合ダブルスは森薗/伊藤ペアが初優勝!
森薗/伊藤は得意の台上プレーで優位に立ち、伊藤のアップダウンサービスが要所で効いた。7−3のリードから挽回され、9−8まで挽回された2ゲーム目は、10−9の2回目のゲームポイントで森薗が大きく回り込み、バックストレートへの鮮やかなカウンタードライブ。大きくガッツポーズを決め、ゲームカウント2−0でリードした。
 
3ゲーム目は軽部/松本が5−1とリードしたが、森薗ペアが6−6に追いつき、9−7と逆転。9−10と再び逆転されてゲームポイントを取られたが、10−10に追いつく。ここから森薗がストレートへのチキータ、巧みなバックストップなどで12−11とし、最後は森薗のフォアドライブが決まった。
 
満面の笑顔を見せる伊藤の横で、ホッとしたような笑顔を見せる森薗。技術面、精神面ともお互いの長所がうまくハマった森薗/伊藤ペア。強豪ペアがひしめく今大会の混合ダブルスで、1ゲームも落とさない完全優勝を飾った。