メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

女子シングルスは孫穎莎が初出場・初優勝!

世界ジュニア

2017/12/04

女子シングルスは孫穎莎が初出場・初優勝!

●女子シングルス決勝
孫穎莎(中国) −6、8、8、−12、−8、6、12 王曼昱(中国)
 
女子シングルスを制したのは孫穎莎(スン・インシャ)、初出場・初優勝!
 
世界ランキング9位で17歳の孫穎莎と、同10位で18歳の王曼昱(ワン・マンユ)。同年代のライバル同士の対戦は、激しいラリーの応酬となった。今大会、個人戦3種目に選手をフルエントリーさせた中国。特に王曼昱は女子シングルス準決勝、混合ダブルス決勝、女子ダブルス決勝と3試合を戦ってからの女子シングルス決勝。相当な疲労があったのではないか。決勝の序盤に見せていた鋭い回り込みフォアドライブが、終盤に近づくにつれてあまり見られなくなった。
 
疲れているのは孫穎莎も同じこと。しかし、バック対バックの展開だけでは不利になる孫穎莎。台上ではフォアフリックで積極的に攻め、チャンスボールは広角ドライブでワイドに攻めて王曼昱を動かす。
 
最終ゲームにもつれたこの一戦。9−9から今大会随一と言える激しいラリー戦の末、孫穎莎が10−9で最初のチャンピオンシップポイント。さらに11−10とするが、勝利を決められない。続いて王曼昱が12−11でチャンピオンシップポイントを取り返すが、やはり決めきれず。13−12で孫穎莎が3回目のチャンピオンシップポイントを迎え、連続バックハンドでラリー戦を制して、大きく吠えた!
 
17年ジャパンオープンでの衝撃的な優勝で、一躍トップクラスに躍り出た孫穎莎。実力的にはジュニアの域を超えているが、今大会のタイトルは「取りに帰った忘れ物」というところか。優勝を決めた後も、喜びよりも安堵感を漂わせ、コートを後にした。上写真は表彰式での孫穎莎、下写真左は孫穎莎のプレー、右は王曼昱。