メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

加藤は惜しくも3位。モアガドが決勝進出

世界ジュニア

2017/12/03

加藤は惜しくも3位。モアガドが決勝進出

●男子シングルス準決勝
モアガド(スウェーデン) 11、-10、6、-4、-6、5、8 牛冠凱(中国)
●女子シングルス準決勝
王曼昱(中国) -10、5、10、7、9 加藤
 
男女シングルス準決勝の第2試合、日本勢で唯一勝ち残っていた加藤美優は王曼昱に競り合いながらも敗れ、2大会連続の3位が確定した。
 
1ゲーム目、1−6のビハインドから7−7に追いつき、しゃがみ込みサービスからの3球目攻撃などで12−10で先制した加藤。王曼昱のストロングポイントであるバックサイドにあえてボールを集め、バック対バックで勝負を懸けた。王曼昱もプレッシャーからか、思い切った回り込みや加藤のフォアへの攻めはできず、どのゲームも競り合いになったが、7−1と大きくリードした2ゲーム目を落としたのが大きく響いた。
 
男子シングルス準決勝の第2試合は、モアガドが牛冠凱をゲームオールで撃破。相手コートを切り裂くフォアのカウンタードライブ、中国選手には抜群によく効くバックプッシュを武器に、15歳の青年がセンセーショナルな勝利。スウェーデン勢初の優勝まであとひとつだ。上写真は加藤、下写真左は試合後のベンチでの加藤、右は中国勢を連破したモアガド。