メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

スウェーデンの新鋭が中国男子の4強独占を阻止

世界ジュニア

2017/12/03

スウェーデンの新鋭が中国男子の4強独占を阻止

●男子シングルス準々決勝
薛飛(中国) 5、5、6、−9、5 M.ムッティ(イタリア)
王楚欽(中国) 2、3、−9、7、6 クヌーデ(ベルギー)
牛冠凱(中国) −10、8、−5、−7、12、9、6 安宰賢(韓国)
モアガド(スウェーデン) 8、9、10、7 徐海東(中国)
 
男子シングルス準々決勝、スウェーデンのモアガドが16年アジアジュニア優勝の徐海東をストレートで破り、中国の4強独占に待ったをかけた!
 
前陣で強く弾くバックプッシュあり、一撃で打ち抜くフォアフリックあり、後陣でロビングでしのいでからのカットありと多彩なプレーを見せたモアガド。そして何よりブロックが堅い。裏面フリックからの両ハンド連打という単調な攻めに終始した徐海東を見事に料理してみせた。「彼は裏面打法からラリーを始めて、安定志向だけれどパワーはない。だから自分のレシーブの時には、安心してレシーブすることができた」と試合後にコメントした。
 
中国男子のツインエース、右ペンドライブ型の薛飛と左シェークドライブ型の王楚欽は、ともに1ゲームを落としながらも確実にベスト4進出。そして牛冠凱は安宰賢に敗戦の瀬戸際まで追い詰められながら、正確なバックブロックとフォアドライブ連打で執念の逆転勝ちを果たした。