メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 第87回 全日本大学総合選手権大会(団体の部) 男子優勝は明治大

大学生tournament results category

第87回 全日本大学総合選手権大会(団体の部) 男子優勝は明治大

大学生

2017/07/09

第87回 全日本大学総合選手権大会(団体の部) 男子優勝は明治大

 第87回全日本大学総合選手権大会が7月6~9日まで、北海道立総合体育センターで行われた。

男子決勝は、明治大と専修大が対戦。昨年と同じ顔合わせとなった。

 

明治大トップの1年生が龍崎が先取点を上げると、2番の森薗がフットワークを活かした攻撃で勝利する。ダブルスは専修大が勝利するも、4番で酒井がサービスからの攻撃やカウンタープレーが冴え勝利。明治大が連覇を達成した。

 「春の関東学生リーグで敗れてしまったのは、私の責任でした。ですのでインカレは絶対に優勝したかった。本当に、本当にうれしいです」と高山監督は言葉を詰まらせながら話した。

準優勝は専修大。田添健汰、田添響、郡山、及川、三部らが活躍。特に、田添健汰・郡山北斗のダブルスは素晴らしいプレーを連発し、今大会負けなしの結果だった。ベスト4には、筑波大、愛工大が入った。

 

▲連覇達成の明治大

▲単複に出場し、殊勲賞を獲得した森薗政崇(明治大)

 

 

 

▲素晴らしいプレーを見せた田添健汰(右)・郡山北斗(専修大)