メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

国内大会tournament results category

全国ラージが和歌山で開催

国内大会

2017/07/03

全国ラージが和歌山で開催

第30回全国ラージボール大会は、6月29日(木)~7月2日(日)まで、和歌山ビッグホエール・ビッグウェーブで開催された。

男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5種目を年代別、ランク別に分けた計112カテゴリーで覇を競った。
女子シングルス70代では、平田洋子(武蔵野クラブ)が前人未到の15連覇を達成。初戦から決勝まで1ゲームも落とすことなく圧倒的な強さを見せつけた。
混合ダブルス80代では藤本武司・小野千代(ニッタクサンフレンド/卓精会)が4連覇。
また、前回大会に一般で初優勝を果たした鹿目里江子(Hachitaku)は40代でも初優勝を果たした。
女子シングルス一般では、内海麻里(長吉卓球センター)が、男子シングルス一般では池田亘通(南茅部少年団)が初出場にして初優勝を果たした。



15連覇を達成した平田洋子(武蔵野クラブ)


藤本武司・小野千代(ニッタクサンフレンド・卓精会は4連覇


一般に引き続き40代で優勝した鹿目里江子(Hachitaku)


初出場で初優勝を果たした内海麻里(長吉卓球センター)


初優勝の池田亘通(南茅部少年団)。大学生の池田は「来年も出場したい」と意欲的