メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【男子シングルス 準決勝①】馬龍選手(中国)が許昕選手(中国)を下し、決勝へ!!

ジャパンオープンtournament results category

【男子シングルス 準決勝①】馬龍選手(中国)が許昕選手(中国)を下し、決勝へ!!

ジャパンオープン

2017/06/18

【男子シングルス 準決勝①】馬龍選手(中国)が許昕選手(中国)を下し、決勝へ!!

「普段の対戦では負ける方が多いけど、去年はこの会場で彼(馬龍)と試合して、私が勝っています。明日の勝敗は明日わかります」と許昕。「ダブルスではペアを組んでいるけど、明日は敵。こういうシチュエーションはよくあることなので、特に気にしていません」と馬龍。このやりとりは、昨日の男子ダブルス優勝直後のインタビューの様子である。
 迎えた準決勝。許が素晴らしいコースを突いたかと思えば、馬がそれを返すラリー。普段から練習する間柄で、プライベートでも仲が良い2人。言葉では表せない、素晴らしいラリーが続く。まさに「卓球」を楽しんでいるかの内容である。
 序盤までは接戦。ゲームカウント2対2となる。が、そこから馬が素晴らしいドライブをカウンタープレーをみせる。ラリーが増すごとに、馬のプレーがよくなっていく。これが2017世界チャンピオンの実力と思わせる内容で、馬龍がこの試合を制し、決勝進出を決めた。




▲「言葉にならないプレー」を連発した馬龍




▲豪快なプレーをみせるも…。無念の許昕