メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【アジア選手権】女子シングルス。伊藤、早田、加藤は敗戦するも、平野は勝利。

アジア選手権tournament results category

【アジア選手権】女子シングルス。伊藤、早田、加藤は敗戦するも、平野は勝利。

アジア選手権

2017/04/14

【アジア選手権】女子シングルス。伊藤、早田、加藤は敗戦するも、平野は勝利。

女子シングルス。平野は、鄭(チャイニーズタイペイ)と対戦。打点の早い両ハンド攻撃で、終始ペースを握り、鄭に主導権を渡さず2ゲームを先取。3ゲーム目は接戦となるも、最後まで攻める姿勢を崩さず勝利した。
 伊藤は、武楊(中国)と対戦。カットマン相手ということで、ループドライブ、ドライブで粘り、チャンスメイク。浮いてきたボールをスマッシュするという戦術で接戦を演じる。その戦術に対し、武は、攻撃を織り交ぜ、伊藤のラケット面を崩す。最後は武のカットと攻撃を織り交ぜたプレーに、伊藤のミスが目立ち、悔しい敗戦。



▲悔しい敗戦となった伊藤

 早田は、フォン(シンガポール)と対戦。持ち前の両ハンド攻撃をコーナーに打ち分ける。フォンもこのドライブに対し一歩も引かず対抗。素晴らしいラリーとなるが、最後の最後でフォンの攻撃が上回り、敗戦となってしまった。



▲両ハンドの切れ味は中国選手並みの回転量を持つ早田


 加藤は、キムキョンア(韓国)に勝利し、陳夢(中国)と対戦。激しいラリーの応酬になり、加藤は緩急をつけて、陳のミスを誘う。しかし、その変化に対応した陳は、要所で強打を織り交ぜ勝利した。





▲バックハンドの変化とフォアハンドドライブが良かった加藤