メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 2016AW左バナー
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー②
  • ニッタク本社卓球教室
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

【全日本】水谷隼が11年連続の決勝。平野に逆転勝利

全日本選手権

2017/01/22

【全日本】水谷隼が11年連続の決勝。平野に逆転勝利

●男子シングルス準決勝

水谷(beacon.LAB) 4(ー9,ー3,7,8,6,11)2 平野(協和発酵キリン)

 

3歳年上の水谷に対して、平野が臆することなく打ち合って好ゲームを展開したこの試合。明治大の先輩・後輩ということもあり、互いにサービスが思うように効かず、逆にレシーバーの得点率が高い展開。

水谷の連続攻撃をバックブロックでしのぎ、フォアストレートへ打ち抜く平野。レシーブでは水谷のペースに持ち込ませないよう、チキータよりもストップを増やしてペースを握る。5ー3から、回り込んでバッククロスへのシュートドライブなどを連発して6点連取し、11ー3。会場にも「水谷危うし」のムードが流れかけた。

 

しかし、水谷は第3ゲームも1ー4と劣勢に立ちながら、「戦術マスター」の地力を見せる。レシーブをストップに切り替え、逆にサービスからは上回転系のサービスやロングサービスで平野のストップを封じ、ゲームカウント2ー2に戻す。

 

第5ゲーム、平野が中盤で6ー4とリードを奪ったが、ここからなんと水谷が7点連取で11ー6。ストップ対ストップの展開が増える中、どんな回転のサービスでもストップできる水谷の技術力が光った。中陣に下がってのブロックにもミスがなくなり、焦った平野に打ちミス。第6ゲームも平野が10ー9、11ー10と2回のゲームポイントを握り、最終ゲームへと持ち込みたかったが、水谷が13ー11で寄り切った。

★試合後の水谷隼のコメント
「1ゲーム目取られてから頭が真っ白になってしまって、どんどん相手のペースになってしまった。相手のサービスが良くて、それに対応できなかった。最後は何とか気持ちで勝つことができた。3ゲーム目のタイムアウトからなんとか挽回することができました」