メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

【全日本】男子ダブルス優勝は丹羽孝希/酒井明日翔!

全日本選手権

2017/01/21

【全日本】男子ダブルス優勝は丹羽孝希/酒井明日翔!

●男子ダブルス決勝
丹羽孝希/酒井明日翔(明治大) 3(6,9,ー8,ー5,8)2 藤村友也/吉村和弘(愛知工業大)
 
男子ダブルス優勝は丹羽/酒井ペア、初優勝!
丹羽はすでに松平健太とのペアで2回優勝しており、これで全日本は3回目のV。酒井はうれしい全日本初のタイトルだ。
 
第2ゲーム6ー8から4点連取でゲームポイントを握った丹羽/酒井が、酒井のフォアストレートへのチキータで一気に決めたかと思えば、第3ゲーム2ー5の劣勢を跳ね返した藤村/吉村が、10ー8から吉村のチキータレシーブで打ち抜く。酒井と吉村の強烈なチキータに、左腕の丹羽と藤村のコースの厳しいカウンタードライブが交錯した男子ダブルス決勝。
 
もつれこんだ最終ゲーム。酒井の飛びついてフォアストレートに抜くフォア強打などが決まり、4ー1と丹羽/酒井がリード。藤村/吉村が5ー5に追いついたが、9ー5、10ー6と丹羽/酒井が突き放す。強打の愛工大ペアの待ちを外す、丹羽/酒井のループドライブが要所で効いた。最後は10ー8から、酒井のフォアクロスへのドライブが決まった。ダブルスの経験豊富な丹羽が、酒井をうまくリードする「大人のプレー」を披露した。
 
★丹羽孝希/酒井明日翔の優勝インタビュー
 
丹羽「2ー0でリードしたけど、決勝戦でそんなに簡単に勝てるとは思っていなかったし、2ー2になっても自分たちのプレーをした。酒井の攻撃力は日本でもトップクラスなので、『どんどん振っていこう』と話をした。シングルスで負けてすごく悔しかったけど、ダブルスで優勝できてその悔しさも消えたと思います。5月の世界選手権で代表に選んでいただいているので、そこでメダルが獲れるように頑張りたい」
 
酒井「全日学で1回対戦していて、向こうがこちらの攻め方をわかっていたのでやりづらかった。途中で緊張してミスが増えてしまったけど、丹羽さんにひっぱってもらいました。全日学とこの全日本を取れて、とても自信になった。これからも良い成績が残せるように頑張りたい」