メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 2016AW左バナー
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー②
  • ニッタク本社卓球教室
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

【全日本】男子ダブルスの決勝は丹羽/酒井 vs. 藤村/吉村

全日本選手権

2017/01/21

【全日本】男子ダブルスの決勝は丹羽/酒井 vs. 藤村/吉村

●男子ダブルス準決勝 

丹羽/酒井(明治大) 3(8,7,-5,5)1 水谷/吉田(beacon.LAB/愛知工業大)
藤村/吉村(愛知工業大) 3(6,13,6)0 木造/松山(愛工大名電高)


男子ダブルス準決勝、丹羽/酒井と藤村/吉村が決勝進出!

丹羽/酒井は酒井のチキータとカウンターが絶好調。中陣に下がっても粘り強い水谷/吉田の堅陣を突き破るように、レシーブからノータッチを連発した。ミスも出るが、自分たちで試合を支配できるいわば「オレ様ペア」。最後も酒井のスマッシュが決まり、水谷/吉田の2連覇を阻止した。シングルスで成績が伸びなかった両選手、意地の1勝だ。
 「2連覇を目標にしてきたので、負けて残念です。酒井のチキータが強烈で、彼一人にかき回された。酒井のチキータは試合前からすごいというのは想像していたけど、想像以上によくて点数が取れなかった」(水谷)


一方、藤村/吉村と木造/松山の「同門対決」は、先輩ペアが圧倒。ラリーに強い左腕・藤村がコースを突き、シングルス準決勝進出と絶好調の吉村が両ハンドの大砲で撃ち抜いた。特に吉村のバックドライブは兄・真晴にまさるとも劣らない威力で、不利なラリー展開を一発で挽回できる。このプレーが決勝でも見せられれば、優勝のチャンスは十分あるだろう。

※写真は決勝進出を決めた藤村/吉村