メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 映画「ミックス。」PR
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

【全日本】男子シングルス、吉田海偉が準決勝進出

全日本選手権

2017/01/21

【全日本】男子シングルス、吉田海偉が準決勝進出

●男子シングルス準々決勝 
吉村和弘(愛知工業大) 4(-8,8,-9,9,6,7)2 上田仁(協和発酵キリン) 
吉田海偉(Global Athlete Project)4(6,4,-7,8,6)1 龍崎東寅(JOCエリートアカデミー/帝京)

 
男子準々決勝の4試合が終わり、ベスト4選手が出揃った。ベテラン吉田海偉が高校生の龍崎東寅を破り3年ぶりの準決勝進出を決めた。また、リオ五輪メダリストの吉村真晴の弟、吉村和弘が上田仁を4-2でくだし準決勝進出を決めた。

「今日は娘も見に来ていたし、将来卓球をやるので、良いイメージを彼女に与えたかった(笑)。去年は急にヨーロッパの大事な試合があって大会に出られなくて申し訳なかったから、今回は応援している人のためにも頑張りたかった。この場で試合をするのは楽しい。
 進化ですか? 今までヨーロッパでの勝った試合、負けた試合を反省して、技術も工夫している。ただあとは頭です。戦術とかを考えることしかできない。それに自己管理して、体を気をつける。
 もう日本代表じゃないからいいやと思ったら、だめですね。好きだから関係ない。昔は日本のためにやっていたけど、今は自分のため、家族のために卓球を頑張ります」(吉田)。

明日の準決勝は水谷隼 vs. 平野友樹、吉田海偉 vs. 吉村和弘となる。

※写真はベスト4進出を決めたベテラン吉田