メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 映画「ミックス。」PR
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

【全日本】女子は4強が決定、平野、橋本が勝利

全日本選手権

2017/01/21

【全日本】女子は4強が決定、平野、橋本が勝利

●女子シングルス準々決勝
橋本帆乃香(四天王寺高)4(5,10,-8,7,8)1 石垣優香(日本生命)  
平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園) 4(7,9,-10,-10,9,6)2 松澤茉里奈(十六銀行)


女子シングルス、残りふたりのセミファイナリストは、橋本帆乃香と平野美宇!

橋本は石垣とのカット対決。同じ愛知・卓伸クラブの先輩に対し、第2ゲームには早くも促進ルールにもつれ込みながら、バッククロスのフォアスマッシュ、反転してのバック強打での攻撃力を見せ、押し切った。石垣もフォアドライブの連打、期を見てのスマッシュで得点したが、攻撃力では橋本が上だったか。 


一方、平野は3大会連続となる松澤との対戦を、4ー2で押し切った。9ー9までもつれた第5ゲーム終盤、フォアクロスの3球目強打とサービスエースで11ー9。このまま一気に勝利した。


「ここまでずっとストレート勝ちで、今日は準々決勝でいきなり競ってびっくりしたけど、勝てて明日につながると思います。松澤さんとは3年連続で当たっていて、2回勝っているので『二度あることは三度ある』。きっと勝てると思ってやりました。ここまで、対攻撃はすごく良いプレーができている。明日の準決勝でカット(橋本)との対戦で、去年のジュニアで負けているのでここがヤマ場だと思う。そこを乗り切れば優勝できるんじゃないかと思えるくらいのプレーができています」(平野)

※写真はカット対決を制した橋本(上)と破れた石垣