メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

全日本選手権tournament results category

【全日本】混合ダブルス田添/前田が2連覇、3度目のV

全日本選手権

2017/01/19

【全日本】混合ダブルス田添/前田が2連覇、3度目のV

混合ダブルス決勝
田添健汰/前田美優(専修大/日本生命) 3(3,12,-8,-7,6)2 吉村真晴/石川佳純(名古屋ダイハツ/全農)

混合ダブルス優勝は田添健汰/前田美優。2大会連続3回目の優勝を果たした!

 

前田が前陣を死守して、ミート打ちなども駆使して相手ペアを崩し、田添が強烈なフォアドライブで攻撃。希望が丘高時代からのペアリングということもあり、コンビネーションの良さを見せた田添/前田に対し、吉村/石川ペアは石川の中陣からの攻撃力がアップしたことで、逆に役割分担の難しさもあったか。ゲームカウント0-2から2-2まで追いついたが、最終ゲームは出足から田添/前田が一気に離した。真の実力を証明する3回目の優勝だ。 

☆田添健汰コメント
「準決勝で(時吉/藤井ペアに)ゲームカウント0-2の4-7から逆転した試合が大きかった。決勝は相手の方が実力は上なので、向かっていくだけだった。決勝は2ゲーム目を逆転で取れたのが大きい」

☆前田美優コメント
「初戦から競った展開だったので、気を引き締めて、思い切りプレーするよう心がけた。苦しい試合が続いた中で2連覇できてうれしい。決勝は思い切ってやるだけでした」