メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【世界ジュニア】ダブルス3種目、日本勢はすべて決勝進出!

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】ダブルス3種目、日本勢はすべて決勝進出!

世界ジュニア

2016/12/07

【世界ジュニア】ダブルス3種目、日本勢はすべて決勝進出!

●女子ダブルス準決勝
ディアコヌ/ドラゴマン(ルーマニア) ー14、ー6、9、8、ー6、11、8 劉麒/黄芊柔(香港)
早田/加藤 7、6、6、ー7、4 麥子詠/蘇慧音(香港)
 
●男子ダブルス準決勝
張本/龍崎 ー8、ー6、7、10、8、ー8、12 カサン/セイフリード(フランス)
安宰賢/趙勝敏(韓国) ー2、9、9、5、ー9、ー8、12 黄建都/林昀儒(チャイニーズタイペイ)
 
●混合ダブルス準決勝
趙勝敏/金智淏(韓国) ー9、8、ー9、10、11、8 徐海東/袁媛(中国)
松山/早田 6、ー11、ー4、6、3、9 ヨルジッチ/ルプレスク(スロベニア/セルビア)
 
男女シングルス準々決勝に続いて、会場ではダブルス3種目の準決勝が進行。早田/加藤、張本/龍崎、そして最後に松山/早田と3ペアとも明日の決勝に勝ち進んだ。
 
最も苦戦したのは張本/龍崎。今日はこれが5試合目で、シングルスではゲームオールの試合を2回続けて戦っている張本、さすがに疲れも見えた。パートナーの龍崎もフランスペアのパワーボールに押され、後陣から引き返すドライブにオーバーミスが多くなった。「ようやく最終ゲームに持ち込んだ」という内容だったが、最後は龍崎が相手ペアのフォア前にしっかりストップし、攻撃を封じた。
 
女子ダブルスでは加藤、混合ダブルスでは松山とのペアで、2種目とも決勝に進んだのが早田。両ハンドから回転量の多いボールが打てるうえ、中陣に下がって男子のボールでもしっかり返球できるし、レシーブも意外性があって多彩。凡ミスも非常に少ない。ダブルスのパートナーとしては、非常に頼りになるタイプの選手だ。女子ダブルスでは難敵と思われた香港ペアに対し、フォアドライブの引き合いでも優位に立ち、堂々と押し切った。
 
上写真は松山/早田、下写真左は早田/加藤、下写真右は勝利を決めて抱き合う張本/龍崎