メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 【世界ジュニア】女子単2回戦、早田・伊藤が敗れる波乱…!

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】女子単2回戦、早田・伊藤が敗れる波乱…!

世界ジュニア

2016/12/06

【世界ジュニア】女子単2回戦、早田・伊藤が敗れる波乱…!

●女子シングルス2回戦
平野 3、9、10、ー11、10 シェルバティク(ロシア)
加藤 7、3、6、9 蔡育勤(チャイニーズタイペイ)
孫芸禎(中国) 10、8、ー5、9、3 早田
金裕珍(韓国) 8、ー10、ー2、10、ー7、8、4 伊藤
 
女子シングルス2回戦、日本女子の団体優勝の立役者、団体決勝で勝利を挙げた伊藤と早田が、ともに敗れる波乱……!
 
伊藤は過去3勝0敗のカットの金裕珍に対し、ゲームカウント2ー1、3ー2と先行したが、巻き込むような独特のスイングのカットと執拗(しつよう)な粘りの金裕珍に対し、ドライブの後のスマッシュにミスが多くなった。「予想以上に横回転が入っていたり、ナックルになったり、時々切れていたりして、クセのあるカットでした。最終ゲームはネットインがあったり、運が悪い部分もあったけど、そこまで持ち込まれたら何があるかわからない。最終ゲームの前に決めなければいけなかった」(伊藤)。
 
一方、早田は女子団体決勝で勝利した孫芸禎に敗れた。孫芸禎も二度同じ相手には負けられないと、萎縮していた団体決勝とは見違えるほど気合いが入っており、フォアハンドの手数も多かった。日本女子、平野と加藤は順当に勝ち上がってベスト16入り。このふたりに優勝への望みを託す。
 
上写真は伊藤、下写真左は伊藤を破った金裕珍、下写真右は早田。