メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17'秋冬パンフ
  • バナー左下(ミックス)
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】混合ダブルスで松山/早田がメダル確定!

世界ジュニア

2016/12/06

【世界ジュニア】混合ダブルスで松山/早田がメダル確定!

●混合ダブルス3回戦
張本/平野 13、10、4 關文皓/蘇慧音(香港)
徐海東/袁媛(中国) 6、7、8 龍崎/加藤(中国)
松山/早田 2、8、5 ピント/ヴォルフ(ドイツ)
 
●混合ダブルス準々決勝
趙勝敏/金智淏(韓国) 7、11、7、10 張本/平野
徐海東/袁媛(中国) ー6、ー6、7、3、ー8、11、7 趙大成/金裕珍(韓国)
松山/早田 8、9、7、3 安宰賢/姜多衍(韓国)
ヨルジッチ/ルプレスク(スロベニア/セルビア) 11、10、12、ー11、ー7、ー2、6 呉柏男/麥子詠(香港)
 
大会第5日目、最後は混合ダブルスの3回戦と準々決勝。日本勢では、3回戦で龍崎/加藤、準々決勝で張本/平野が敗れたが、松山/早田が混合ダブルスでのメダルを確定させた。
 
松山/早田の強みは、中陣に下がった時のラリー戦の強さ。普通の女子選手では当てるだけになるか、返球が難しいボールでも、早田は回転をかけてしっかり返す。フォアドライブで引き返したボールは、サイドを切って曲がりながら入るので、対戦ペアはかなり打ちにくそうだ。試合後、松山は「シングルスとダブルスで早く負けてしまったので、これに懸けるという思いでプレーしました。混合は優勝します!」と力強いコメント。早田も「ここが目標じゃないと思うので、ここで満足せずに金メダルを目指して頑張っていきたいです」と語った。
 
世界ジュニアの混合ダブルスでは、過去13回の大会で中国が12回優勝。中国勢以外での優勝は、05年大会の徐延和/沈セロム(韓国)のみ。松山/早田にはぜひ日本勢初の優勝を果たしてほしい。
 
写真は松山/早田。