メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • ニッタク本社卓球教室
  • 17カタログ左下
  • 功労者アワード_
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

世界ジュニアtournament results category

【世界ジュニア】女子ダブルスでも早田/加藤が中国越え!

世界ジュニア

2016/12/06

【世界ジュニア】女子ダブルスでも早田/加藤が中国越え!

【世界ジュニア】女子ダブルスでも早田/加藤が中国越え!
 
●女子ダブルス2回戦
劉煒珊/孫芸禎(中国) ー10、7、9、9 平野/伊藤
早田/加藤 4、4、6 アルホダビー/ヨウスリー(エジプト)
●女子ダブルス3回戦(ベスト8決定戦)
早田/加藤 7、ー9、8、9 石洵瑶/袁媛(中国)
 
女子ダブルス2・3回戦、メダル獲得が期待された第1シードの平野/伊藤ペアは、初戦となる2回戦で中国ペアに惜敗。世界ランキングのない中国ペアがどこに入ってくるかわからない状況で、ふたりのシード下に入ってきたのは不運だったが、何とか勝ち切りたい試合だった。これまでは安定した両ハンドとブロックでコースを突く平野がチャンスメイクし、伊藤がフォア強打で決めるという役割があったが、「ふたりともプレーのレベルが上がって、どちらも決めていくことができるようになった分、ダブルスでのプレーがまとまらなくなった。いろいろできすぎて、逆に失点につながってしまう」と伊藤。これも過渡期ゆえの苦しみなのか。
 
一方、早田/加藤は3回戦で中国の石洵瑶/袁媛ペアを破った。こちらは安定感抜群の加藤のバックハンドでしっかりつなぎ、早田が回転量の多いフォアドライブを打ち込むという役割分担がしっかりしていた。第4ゲーム10ー9で握ったマッチポイントの場面では、加藤がバックストレートにフォアドライブで打ち抜き、会心の笑顔。
 
これで早田/加藤はベスト8進出。明日の準々決勝でフランスのモスタファヴィ/ザリフと対戦する。この3回戦で、平野/伊藤を破った劉煒珊/孫芸禎が劉麒/黄芊柔(香港)に敗れ、中国ペアは2組とも姿を消している。早田/加藤、この勢いで一気に頂点まで駆け上がってほしい。

上写真は中国ペアを下して笑顔の早田/加藤、下写真左は日本ペアに敗れた石洵瑶(左)/袁媛、下写真右は2回戦で敗れた伊藤/平野