メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • ニッタク本社卓球教室
  • 2018総合カタログ
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

LIONカップ第22回ジャパントップ12卓球大会

3月3日、駒澤オリンピック公園 総合運動場屋内球技場

【男子】決勝は、水谷隼(木下グループ)と張本智和(JOCエリートアカデミー)が対戦。

試合は張本がゲームカウント2対1と先行するが、水谷が前陣で打球点を早くしたり、ボールを叩くようなプレーを織り交ぜ、張本のリズムを崩し、ミスを誘うと、4ゲーム目以降を連取し、2大会ぶり4回目の優勝を達成した。

3位は、水谷とゲームオールの試合を演じた大島祐哉(木下グループ)、両ハンド攻撃に威力のあった神巧也(シチズン時計)が入った。

 

表彰台(男子)

 

優勝:水谷隼(木下グループ)

自分のプレースタイルを変えて「勝てるスタイル」で全日本選手権で敗れた張本に挑みリベンジ成功

 

準優勝:張本智和(JOCエリートアカデミー)

苦しい試合が続くも、打点の早いプレーで勝ち進んだ。

 

 

【女子】決勝は、早田ひな(日本生命)と橋本帆乃香(ミキハウス)が対戦。

カットの切れ味が良く、攻撃を織り交ぜる橋本に対し、早田は無理をせず、丁寧なプレーで対応し、要所で強打を入れ得点を重ねる。結果、早田がストレートで橋本を下し、初優勝を決めた。

3位は、サービスからの速攻プレーがよかった安藤みなみ(専大)、両ハンド攻撃が安定していた長崎美柚(JOCエリートアカデミー)が入った。

 

表彰台(女子)

 

優勝:早田ひな(日本生命)

「体調を崩していたので、早い手数で得点できるプレーを心がけました」と早田。嬉しい初優勝。

 

 

準優勝:橋本帆乃香(ミキハウス)

広い守備範囲のカット。そして攻撃を織り交ぜ活躍した。

<つづきはニッタクニュース2018年5月号をご覧ください>

※次号2018年6月号は5月10日(木)発行予定です。

 

詳細は「ニッタクニュース2018年5月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧