Nittaku
大会速報

福原愛が決勝進出!
2013/06/23

 女子シングルス準決勝。
 福原愛はサウスポーの顧玉ティン(中国)と対戦。
 福原は、リーチのある顧の両ハンドドライブに対して、速さで応戦。高い打点から繰り出される福原の攻撃に対して顧は台から離され、振り回される展開。甘くなったボールを福原は何本も仕留め、結果4−1で勝利。2011年大会ぶりとなる決勝進出を果たした。
 決勝は韓国のペンホルダー文と対戦。

福原3、7、9、-6、7顧玉ティン
ジャパンオープン大会最終日!
2013/06/23

 本日の注目は、順調に勝ち進んでいる福原愛と今大会大躍進を遂げている塩野真人の男女シングルス準決勝。
 そして男子ダブルス、松平健太・丹羽孝希対上田仁・吉村真晴の日本ペア対決!

 会場入りにも長蛇の列ができていました!
U−21男女シングルス優勝は中国
2013/06/23

 男子は長身から繰り出される両ハンドドライブが魅力の(中国)が呉智康(シンガポール)を4−1で下し、優勝を果たした。

徐晨皓-9、12、9、4、6呉智康

 女子は、世界ランキングのない車暁シュがリュウ高陽との中国同士討ち対決を制し、優勝を決めた。
 

写真上:男子U−21優勝の徐晨皓

写真下:女子U−21優勝の車暁シュ
森薗政崇、韓国の若手に敗れる
2013/06/23

 準々決勝に進んだ森薗政崇は韓国の金a鉐と対戦。
 ワールドランキングは森薗は150位、金a鉐が42位と格上相手に果敢に攻めて行き、2−1とリードしたが、力及ばず。逆転負けを喫した。
 しかし、今大会のベスト8入りで存在感を示した。
 試合後「こんなに大勢の方の前で試合ができて幸せでした。滅多にないことなので一球一球が楽しくて充実したジャパンオープンでした」と語った。

日本選手対決は塩野に軍配
2013/06/22

 1回戦で第1シードの荘智淵、松平健太らを倒し、大躍進を遂げている塩野真人と丹羽孝希が対戦。
 カットを苦手とする丹羽は1ゲーム先取するも、塩野の粘りと変化に屈し、塩野が4−1で準決勝に駒を進めた。
 塩野は「スイングが速くなったのかカットが切れるようになった。いいカットをすれば丹羽君がつっついてくるのでそれを狙った。国際大会のこんなにたくさんの観客の中で試合できてとてもうれしいし、ワクワクしました。なかなかないチャンスなのでものにしたいです」と語った。


 一方丹羽は「ワールドツアーで優勝したことがなく、今回それを目指していたので残念です。今の時点ではどうやっても勝つことはできません。これから年齢も上がればパワーもついてくると思うので、カットを打ちぬけるようにしていきたい。明日はまだダブルスが残っているので絶対に優勝したい」と語った。

塩野-11、7、5、6、5丹羽


 4強以上が確定した塩野は最終日、水谷を破った陳健安(チャイニーズタイペイ)と対戦する。

写真上:塩野真人

写真下:丹羽孝希

水谷隼、準々決勝で無念の敗退
2013/06/22

 男子シングルス準々決勝。
 今大会調子のいい水谷隼は陳健安(チャイニーズタイペイ)と対戦。
 序盤から水谷の得意とするラリー戦を制し、3−1とリードするが、徐々に陳のペースに。
 試合は最終ゲームまでもつれ、陳が先にマッチポイントを握った。水谷もなんとか10−9まで追いつくが、あと一歩及ばず。昨年に続く2連覇を狙っていただけに悔しい敗戦となった。
 
陳健安7、5、-6、8、-4、-8、-9水谷
福原愛準決勝進出!
2013/06/22

 女子シングルス準々決勝。
 今大会、迷いのないプレーで善戦している福原愛は、平野早矢香に勝利している車暁シュ(中国)と対戦。
 試合は攻撃が冴え渡った福原のペースで進められ、結果4−1で勝利。
 福原は「平野さんや村上監督にアドバイスをもらい試合に臨んだ。冷静に試合を進められることができたし、積極的に攻めることもできた。明日は駆けつけてくれたファンのみなさんにいいプレーを見せられるよう、思い切りたい」と語った。
 準決勝は最終日となる明日、第一試合の10時より行われ、顧玉ティン(中国)と対戦する。

福原9、-8、4、7、4車暁シュ
男子ダブルス準決勝。日本ペアが決勝へ!
2013/06/22

 男子ダブルス準決勝。
 センスあふれる若手ペアの松平健太・丹羽孝希組はヤンツー・ザン健(シンガポール)と対戦し、1ゲーム取られるも息の合ったプレーで快勝し、決勝へ駒を進めた。

松平・丹羽ー7、3、11、8ヤン・ザン

 一方、上田仁・吉村真晴組は同じくシンガポールのガオ・ニン・李虎と対戦。1ゲームこそジュースとなったが、まったく相手ペアにやらせない完璧なプレーで3−0と完勝。
 この結果により、男子ダブルスの決勝は日本同士の対決となった。

上田・吉村10、3、5ガオ・李

写真上:松平健太・丹羽孝希

写真下:上田仁・吉村真晴
女子シングルス2回戦 若宮惜敗、福原勝利
2013/06/22

 女子シングルス2回戦。
 韓国の田志希と対戦した若宮三紗子は、序盤から打点の早い攻撃でで得点を重ね3−1とリードするが、田もパワフルな両ハンドプレーで応戦し、3−3となった。
 最終ゲームは一進一退の攻防でジュースとなったが、結果は田に軍配。
 若宮は惜しくも敗戦したが、会場からは暖かい拍手がおくられた。

田志希-10、8、-7、-6、8、4、10若宮三紗子


 一方、福原愛は李皓晴(中国香港)と対戦。1−2とリードを許すも、後半は福原がゲームを有利に進め、4−2で勝利した。

福原愛13、-5、-7、5、3、4李皓晴


写真上:善戦した若宮三紗子

写真下:準々決勝へ駒を進めた福原愛
石川佳純・森薗美咲惜敗…
2013/06/22

 準々決勝へと進んだ石川佳純・森薗美咲ペアは中国の若手ペア顧玉ティン・周マサンと対戦。
1−2とリードされるがフルゲームまで追いつく。
しかし最終ゲームは、序盤からボールが合わず0−9と離されてしまい、その後3点連取するも流れは取り戻せず。悔しい敗戦となった。

顧・周4、-9、5、-9、3石川・森薗


menu前ページTOPページ次ページspace.gif